<< 映画「みんなの学校」チケット購入について2 | main | ランゲージエクスチェンジを開催します! >>

文化交流講座 私のふるさと・ケニア編!

2017.10.15 Sunday
0

    JUGEMテーマ:国際交流

     

    本日はMeggieさんご家族に「ケニア」のお話をしていただきました。

    通訳は前回と同じ岩田さんです。

     

    皆さん、ケニアと言えば、どんなイメージでしょうか?

    非常に遠い国というイメージでしょうか?

    サバンナを走り回る動物の群れでしょうか?

     

    まずはケニアの国旗の意味を教えていただきました。

    国旗は黒と白と赤と緑で出来ているのですが、 黒はケニアの人の肌の色、 白は平和、 赤はケニアの人の血(独立のために流れた血)、 緑は大地、 を意味しているそうです。 なかなか「国旗の意味は?」と聞かれて考えたこともないので、興味深いですよね!

     

    さて、ケニアの面積は日本よりも大きいのですが、人口は日本の1/3程度です。

    しかし、驚いたことに、15歳未満の人口が全人口の42%も占めるため、全人口の平均年齢が19歳とのこと。

    日本は40歳を超えており、これは国の勢いに影響してきますね。

    但し、昔は「子供が10人いる」というのも普通だったそうですが、最近の若い世代は子供は2-3人くらいが普通だそうです。

     

     

    ケニアの人々にとって大事な食べ物はUgaliというもので、maizeと呼ばれる白いコーンを使った料理です。

    また、ケニアには実は44もの部族がいて、それぞれ生活様式が異なるそうです。

    中でも有名なのはマサイ族ですが、マサイ族が有名なのは、今でも昔ながらの生活をしてるから。

    他の部族は、お祭りの時などは伝統的な衣装を身にまとったりしますが、普段は昔とは生活様式が変わってしまいました。

    そんなマサイ族でも今は携帯電話を持っているそうですが!

     

    そのケニア人が誇りに思っていることの一つがm-pesaと呼ばれるSMSを用いた金融取引システムです。

    2007年より始まっており、これは世界を見ても非常に速い導入で、非常に誇りだそうです。

     

    もう一つ誇りに思っていることが、豊かな生態系です。

    ライオンやゾウ、キリン、シマウマなど、非常に豊かな生態系で、首都ナイロビの近くでも見れるそうです。

    「ぜひ来てください!」とのことでした。

     

    また、ミニスワヒリ語講座もしていただきました。

    JAMBO(ジャンボ)→こんにちは

    ASANTE SANA(アサンテ サーナ)→どうもありがとう

     

     

    また、ライオンキングで使われている

    「HAKUNA MATATA(ハクナマタタ)」は「大丈夫」の意味だそうです。

     

    最後に、奥さんが看護師をされていたということで、ケニアの医療事情についても教えていただきました。

    ケニアは、周辺国の中では医療技術が発達していて、他国から医療ツーリズムの患者を受け入れていますが、一方で、医師や看護師はまだ人口に比して足りていない状況とのこと。

    ケニアの死亡原因で一番多いのがHIVで約16.3%、次に多いのがインフルエンザと肺炎で約13.6%、

    このあたりを減らすのが課題だそうです。

    なかなかケニアの話を身近に聞く機会はないので、非常に楽しい時間でした!

     

     

    ASANTE SANA!(ありがとう!)

     

    当番:Shoh

    活動内容comments(0)|-|by サイトリエ(site lier)
    コメント









     

    ページの先頭へ